結婚式に招待されることは生活しているなか多くありますが、様々な理由によって出席できない場合があります。自分自身の仕事で県外や海外などに出張の場合や、病気などで入院など理由は色々あります。出席できない場合には自分でお祝いを伝えられないので、代わりに電報を利用して祝電を送るのがおすすめです。この祝電ですがマナーがしっかりありますので、マナーを守って利用するように注意が必要です。祝電を送る際に両親あてに送る場合などもよくあります。そんな時の宛名に関するマナーですが、受取人の名前にお父様やお母様の名前を記載すれば問題ありません。ただし御両親だけの受取人の場合、新郎新婦の名前が無いことで式場で行き先不明になる可能性があります。式場での祝電トラブルにならないよう宛名としては、新郎か新婦の宛名の後に気付お父様といった宛名の記載にするのが丁寧な対応になります。

結婚式の電報で避けるべき言葉について

結婚式の招待状を受けたった際に、どうしても都合がつかず欠席をせざるえない時があります。事情など色々あるので出席できないのであれば、電報を利用して祝電を送るのが良いです。自分のお祝いの言葉を届けてくれるサービスになるので、とても便利です。ただし祝電を送る際のお祝いの言葉にもしっかりマナーがあり、使用してはいけない避けるべき言葉があります。忌み言葉とされており別れや再婚などを連想させる言葉には十分注意が必要です。例えばお2人で新しいスタートを切ってくださいという言葉のなかの、切ってという言葉は2人の縁が切れるを連想される忌み言葉になります。この場合はお2人で新しいスタートラインに立ちといった言い回しを使用するのが良いです。切れるや別れるは2人の離婚を連想させ、たびたびやしばしばという重ね言葉は再婚を連想させます。忌み言葉には多くの言葉がまだまだありますので、注意して使用するようにすることが重要です。

結婚式の電報で使用してはいけない言葉とは

結婚式などのお祝いの席などに、自分自身が出席できない時などは電報を利用して祝電を送ることは良く利用されるサービスの1つです。言葉を代弁して送ることができ、遠い場所でも簡単に遅れるのでとても便利です。ただし祝電には使用してはいけない言葉というものがあります。種類としては忌み言葉と重ね言葉があります。この二つの言葉には結婚式にはふさわしくない離婚や再婚といったことを連想させてしまうので、祝電では避けるのがマナーとなっています。もちろん祝電だけでなくお祝いとして伝える言葉としても使用してはいけません。忌み言葉として切れるや別れるに離れるなどがあります。終わるや去るや絶えるなどもあり、離婚を連想させる言葉になります。重ね言葉にはた度々や重ね重ねにくれぐれといった同じ言葉をつなげていう言葉は、再婚を連想されるため使用しないよう注意することが大切です。